横浜で窓ガラス修理・窓ガラス交換ならガラスの種類が豊富なガラス急行にお任せください。

主なガラスの種類

※下記以外のガラスにつきましてもお問い合わせください。
透明ガラス

FL

最も一般的な透明ガラスで、フロート板ガラスといいます。鏡、強化、防犯ガラスもこのガラスを加工して製作されます。(厚さ2〜6mm)

不透明ガラス

FK

内側面の型模様により、光は通しつつ視線を遮ることができるガラスです。トイレやお風呂などのプライバシーを配慮した場所にお勧めです。
(暑さ2〜6mm)
網入りガラス

PHW

金属線の網入りガラスで、破損時に破片の落下を防止し、火災時にガラスが破損しても火災の侵入を防ぐ効果があります。(厚さ6.8mm)

強化ガラス

PT

同じ厚さのフロートガラスと比べ3〜5倍の強度をもっていて、破片が細かい粒状になるためケガを防ぎます。割れにくく割れても安全な反面、防犯性は期待できません。
(厚さ3〜4mm)


鏡

鏡はよく洗浄された透明ガラスにまず銀メッキを吹き付け、その上に銅メッキと保護塗料を塗って作られます。小口磨きや防湿処理のため加工に数日を要します。
(厚さ3〜6mm)


防犯ガラス

防犯ガラス

2枚のガラスの間に柔軟で強靭な特殊フィルム(中間膜)を挟み、大きな防犯効果を発揮します。衝撃物による飛散を最小限に抑え、割れても貫通に時間を要するため一般ガラスに比べて安全性を保ちます。

詳細情報

複層ガラス

pair

2枚のガラス間に乾燥した空気の層を封入し、熱の通り道である窓の断熱性を高めます。冷暖房効果の低下や結露の発生などの解消に役立ちます。エコ内窓とセットにすると効果的です。

詳細情報

遮熱複層ガラス

遮熱複層ガラス

室外側にコーティングされた特殊金属膜の効果で、夏の強い太陽熱を遮断。冬は室内の暖かい空気を逃がしません。エコ内窓とセットにすると効果的です。

詳細情報

断熱複層ガラス

断熱複層ガラス

室内側にコーティングされた特殊金属膜の効果で、太陽の熱を効率よく取り入れます。断熱性に優れ、室内熱を逃がさず、厳しい冬の寒さを和らげます。エコ内窓とセットにすると効果的です。

詳細情報

横浜窓ガラス修理サービス(ガラス急行)は、横浜を中心に神奈川県全域の窓ガラス交換窓ガラス修理を安心低料金で、スピード解決いたします!

お問合せ

PageTop